本文へスキップ

   京都市北区の眼鏡工房ヤマモトはメガネ作りにとことんこだわります。

電話でのお問い合わせは075-493-4147

〒603-8208 京都市北区紫竹西桃ノ本町73

累進多焦点レンズHEADLINE

手元専用の老視用の単焦点レンズは遠くが見えませんが、遠くから手元まで一枚のレンズで連続的に見えるように度数が変化する累進多焦点レンズがあります。 さらに累進多焦点レンズには、遠方を重視する設計の遠近両用レンズ、中間や近方を重視する設計の中近レンズや近近レンズの3つのタイプがあります。

■ 遠近両用レンズ

遠近両用レンズはレンズ上部の遠くを見る部分から、下部の近くを見る部分まで徐々に度数が変化しており、遠く、中間、近くに視線を上下することにより、快適な視界を得ることができます。

長所 :遠くから近くまで境目なしで見える。
     メガネを掛け替える必要がない。

短所 :中間・近くの視野が狭く歪みを感じる。

1本で遠くから近くまで対応できますが、その他のレンズと使い分けすることで、より快適に見ることができます。


■ 中近レンズ(室内用メガネレンズ)

室内から手元までを見るための累進多焦点レンズが中近レンズです。視線を上下することにより、中間距離から近くまで連続的に見ることができます。

長所 :室内仕事や家事を快適に出来る。
     近用部分は遠近に比べて広い。
     歪みが少ない。

短所 :遠くは見えない。
     外・運転などでの使用は出来ない。

屋外では遠近両用。室内では中近レンズ。使い分けすることで、より快適に見ることができます。


■ 近近レンズ(デスクワーク用メガネレンズ)

手元からデスクまわりまで快適に見るための累進多焦点レンズが近近レンズです。見える範囲はレンズの種類や度数等によって異なります。

長所 :手元の視野が広い。
     歪みが少ない。

短所 :遠くは見えない。
     室内は見渡せない。